ラージ記

30代サラリーマン。クルマ、バイク、楽器、株式投資などを中心にやらせていただいております。

2016年買いたかったけどお金がなくて買えなかったもの一覧

いろいろな人が、「今年買ってよかった物」というテーマでブログを書いている。すごく羨ましい。おれはカビだらけの四畳半で寝起きして、お金がないので天井のシミをオカズにしているゴキブリ系男子。当然、自慢できるような買い物など何一つしていない。だから、せめてものハナムケ(?)として、欲しいけど買えなかったものたちをここに列挙する。

 

通勤用バイク GN125H(¥150,000)

通勤用のカブの調子が悪い。大した故障ではなくて、キャブがお漏らし気味なのと、シートが破れてきて雨の翌日お尻が濡れるのと、ブレーキがキーキー鳴く程度のもの。全部修理するにしても2時間もかからないと思う。ただ、元々カブに愛着があるわけじゃなくて、それどころかパワーが足りない点に結構不満を持っていることもあって、買い換えたい気持ちが強くなってきた。125ccクラスで安価な通勤向けバイク(非スクーター)といえば、GN125Hが浮かぶ。中国製でとにかく安い。新車が15万円くらいで買える。高級感とか所有欲を満たすとか、そういうワードとは無縁のバイクだけど、大陸的な野暮ったさと大らかさがあって、これはこれで悪くないような気がする。後ろに箱でもつければ最強の通勤バイクになってくれるだろう。…でもいろいろ考えた結果、修理すればカブはまだ走れるからもったいないなぁと思って、買わないことにした。

f:id:largesan:20161213195330j:plain

 

MacBook Air(¥155,000)

会社支給のノートパソコンがショボすぎる。スペックもヤベーし、江戸時代のパソコンでもここまでじゃねーだろってくらい分厚い。カバンの中で嵩張りまくって邪魔をしまくってきて本当にブチ切れまくる。本当に何とかしたい。おれが働いているところは私用PCを業務に用いてもいいので、ぜひMacBook Airを手に入れて、スマートに持ち運びサクサクと業務を遂行したいと思って、色々と調べて、買うならこういう仕様にカスタマイズして、こういうシールでデコレーションしようみたいなことをずーっと考えていた。でも高いので買えなかった。

f:id:largesan:20161213195911j:plain

 

富士フイルム X-Pro2(レンズとあわせて¥200,000)

最近このカメラが気になってしまってしょうがない。いいなと思う要素は色々ある。センサーがアレで、富士フイルムならではの描写力がコレで、スペック的にナニでと語り始めればキリがないが、一番の理由は単純にこのカメラのデザインがめちゃくちゃカッコいいっていう点。初めてこれを見たときビビビビっときて、マジで雷に打たれたかと思って、池袋のビックカメラの真ん中で身を伏せて頭を抱えて物陰に隠れたかんね。今使っているオリンパスのペンは親父にあげて、おれはこのPro2を購入、今後の人生をフジ派として送っていきたいと思っている。でも、高額なので色々考えてしまって、買えていない。

f:id:largesan:20161213194933j:plain

  

Porsche 911 GT3 RS(¥25,000,000)

はっきり言って一生買えないと思う。レゴが出している精巧なオモチャだけでも欲しいなと思うんだけど、それすら4万円もするので買えない。いい加減にしろ!!

f:id:largesan:20161213194005j:plain

f:id:largesan:20161213194155j:plain

おわり。

ラージっちの筋トレ

メニュー

おれのトレーニングメニューは、BIG3+ショルダープレスを中心とした極めてシンプルなもので、それを週に2〜3回やっている(4回やる週もあれば1回しかできない週もあるケド)。今までいくつかのパターンを試したが、現在はAとBの2パターンを交互に行う方式で進めている(『ラージっち式スプリットストラテジー』と名付けている)。コンパウンド系の種目を中心2種目ずつ行うことで、3~4日に一回のペースで一応全身が動くというイメージ。具体的には下記の通り。

 

・DAY A ベンチプレス+デッドリフト

・DAY B スクワット+ショルダープレス

 

細かく分割して徹底的に追い込んでいる筋トレ上級者からみると「クソワロタw クソワロタネーム・ラージっち式スプリットストラテジーw」って感じのショボさやろうけど、今はこれで上手く回っているような気がするので、もうシコスー続けてみるつもり。もちろん、上記2種目しかやらないというわけではなく、あくまでもこの2つを中心にやりまっせということで、補助的な種目も取り入れている。しかし、補助種目が大きく効果をもたらすとは考えてない。補助はあくまでも補助であるのと、毎回同じメニューでは飽きるので、補助種目を入れ替えることで飽きを防ぐという意味合いの方が大きい(大食いバトルの選手が調味料で味を変えていくのと同じ理論)。

 

ちなみに昨日はAの日だった。

 

★ベンチプレス 68キロ 6×5

ダンベルフライ 15キロ 3×10

デッドリフト 110キロ 5×5

☆ワンハンドロー 20キロ 3×10

バイセップスカール 11キロ 3×10

☆トライセップスエクステンション 重さ忘れた 3×10

(★メイン ☆補助 セット数×レップ数)

 

これでだいたい1時間半くらい。腕の2種目に関しては気分転換的な意味合いが強い。下記画像はトレーニングを終えて一息入れているぼく。 

f:id:largesan:20161212213601j:plain

 ジムに行くか自宅でやるか問題

現状、自宅でやっている。近くの市営ジムにはバーベルおよびスクワットラックが1台しかないから、先客がいると即詰む。もちろん、真剣にやってる人と器具を共有ながら切磋琢磨してお互いに強くなれたらそれは素敵やんと思うけど、実際は集団でやってきて長時間占領しまくるヤベー連中のおかげで時間がパァになるケースが多くて、馬鹿馬鹿しくて自宅派に鞍替えした(老人グループが平気でそういうことをやってるのをみると、高齢化問題の縮図やんけと思って、鎮魂の般若心経でも唱えてあげたくなる)。また、自分が誰かを待たせてしまっているというのも、あまり気持ちのいいものではない。

 

自宅でやるにあたって、スペースの問題でパワーラックの導入ができなかったのはかなり痛い。現状の設備はセーフティーの構造に不安があって、重量にチャレンジできない。スクワットの失敗は床に穴が開くだろうし、ベンチプレスで潰れたら、死にはしないだろうけどかなり痛い思いをするのは必至なので、いつも安全マージンをとって軽めの重量でやっている。しばらくしたら、何とか工夫するなり一軒家に引っ越すなりしてパワーラックを入れようと思う。

 

あと、自宅用にダンベルを買うときは、嫁を質に入れてでも、旦那の鉄道模型を勝手に売り払ってでも、ワンタッチで重量調節ができるやつを買うべき。おれは¥30,000で買ったけど全然後悔していない。プレート入れ替え式のダンベルは、重量の変更が死ぬほど面倒な上に重量の調整幅が大雑把すぎて使いにくい。  

f:id:largesan:20161212213900j:plain

 

サプリメント問題

クレアチン、BCAA、プロテインを飲んでいる。クレアチンは毎日飲んでっけど、効果はあんまり感じなくて気休め程度。BCAAはトレーニング時のパフォーマンス維持に効いてる実感があるのでオススメ。トレーニング以外でも、例えばコミケに行く前に飲んだりすると結構疲れ方が違うと思う。あと、おれは持戒の身ゆえ肉食を控えているのもあって、不足したタンパク質を補う目的でプロテインを飲んでいる。十分に摂取できていれば全く必要ない。

 

今は全てMyproteinっつーメーカーの物を使っている。品質に定評があり安価で、味の種類が豊富、しかもおれが尊敬する日本のトップパワーリフター・渋谷優輝さんも使っているので間違いないと思う(あとイギリスのメーカーだけあって、安い割に洗練されててカッコいい感じがする)。

 

筋トレは最高のソリューションでうつの人にもオススメな代物なのか

巷の筋トレを礼賛する風潮。おれはそうは思わない。筋トレしてようが何してようがダメな時はダメだし、ダメである原因が「筋トレをしてないせい」であるわけがないんだから、ちゃんと問題を直視して正面から向き合うべき。筋トレは関係ない。また、一部のお節介が言うような、うつの人にオススメですなアレも全く同意できない。軽い運動から始めるならともかくとして、いきなり高強度の筋トレをしろなんていうのは飛躍しすぎ。「就活が上手くいかないなら起業しろ」っていうのと同じくらい現実味がない。

 

ただ、体を動かすと気持ちいいし、体の変化は継続の証だから、ある程度結果が出るまで取り組んできたんだという多少の自信はつく。それに、例えば何か辛い事態に直面した時「これは120キロのスクワットよりも辛いことか?」と自分に問いかけてみると、99%のことはスクワットより辛くない。スクワットに比べれば楽勝だなという思いを胸に、目の前のsomethingに余裕を持って取り組むことが可能になったのは事実。

 

ただひとつ不思議なのは、筋肉がつけばつくほど、自分の中の「一度でいいから女装してみたい」っていう気持ちが強くなっていくことだなー。

 

おわり。

電動歯ブラシ

電動歯ブラシを買った。

 

ブラウン オーラルB プラックコントロール DB4510NE 電動歯ブラシ 乾電池式

ブラウン オーラルB プラックコントロール DB4510NE 電動歯ブラシ 乾電池式

 

 

1000円程度と安いのであまり期待してなかったが、結構イイ。おれは歯並びが悪いんだけど、手で磨くより細かいところまで綺麗になるような気がする。この値段なら、壊れても惜しくない。

 

我が家は電気シェーバーもブラウン製で、こっちはかれこれ10年近く愛用している。最近充電がうまくいかなくなってきたけど、これまで故障知らずの逸品。買い換えるにしてもブラウンにしようと思ってる。

 

ブラウン。信頼できるメーカーさんだ。

 

今回の電動歯ブラシの導入で、「電気仕掛けの震える系グッズはブラウンさんで揃えたい」という気持ちが強くなった。

 

乳首を刺激する時に使うローター、ブラウンさんのを使いたいなー。

 

作ってないのかなー。

韓国のアイドルグループを好きになった4つの理由

2016年11月18日、メタリカの新譜『Hardwired...To Self-Destruct』が発売となった。全世界のメタルファンが注目する、記念すべき10枚目のオリジナルアルバムだ。そして翌19日、おれはHMV立川店に赴き、店頭に設置されたメタリカコーナーを完全にスルーして、迷わずK-POPコーナーへ向かったのだった。

 

数日前からTwitterにてツベコベ言い続けているが、結論から言うとTwiceっていう韓国のアイドルグープにハマってしまった。今までもでんぱ組.incちゃんなんかは結構好きだったんだけど、韓国のグループには全然興味なかったし、むしろどっちかっていうと否定的ですらあったから、自分でもちょっとビックリしてる。どこが良くて好きになったのか、その理由をわかる範囲で書いていく。

 

メタリカの方はそのうちダウンロード販売で買う予定。最近音楽はもっぱらiTunesストアで買って聴いてるんだけども、なぜかこのグループは日本のiTunesストアでの取り扱いがない。取り急ぎ米アップルのアカウントを作って1曲買ってみたものの、面倒が嫌でダウンロード販売に切り替えたくせにCDを買うより面倒なことをやってる事実にムカついてきて、結局CDを購入した)

 

理由1 曲とダンスがいい

youtubeでたまたま聴いて、「お、カッコいい曲やんけ」とハッとした。

www.youtube.com

 

かわいらしい感じがするし、キャッチーで耳に残るし、ちゃんと今っぽくてシャレてる。それに加えて、おれはダンスのことはよくわからないけど、なんか高度で難しいことをやってるのは理解できる。完成度が高くてカッコいいと思った。

 

…しかし個人的に、「アーティスト性に惚れたのでファンやってます」って言っちゃうタイプのアイドルヲタがあんまり好きではないので、おれ自身この理由はあまり公言したくない。もし本当にそうだったとしても、アイドルを好きになるのにもっともらしく高尚な理由を持ち出すのはなんだかイケてねェと思う。顔や身体に魅力を感じたからと言う方が漢らしくて好感が持てる。

 

理由2 顔、身体に魅力を感じた

結局コレなんだよな。みんな美人だし、全員脚を出していて、さらにその脚を強調するようなダンスをしていて、心にぐっときった。正直言ってまだ顔の見分けもつかないし名前も覚えてないんだけど、今のところ下記の動画で紫のチェックのスカートを履いている子がカワイイと思う(ダヒョンちゃんっていうようだ)。こういう笑顔が明るい元気なタイプ、すこだ…w キモオタにも分け隔てなく挨拶してくれると思うなぁ…。あと予想だけど、授業中だけメガネをかけて、休み時間とはまた違った表情を見せてドキッとさせてくれるタイプな気がする。


TWICE(트와이스) SPECIAL VIDEO 'C' M/V Dance Ver.2

 

理由3 わかりやすい演出

ウィンク、投げキッス、髪をかきあげる…などなど、いわゆる「女性っぽい仕草」を惜しみなく繰り出す。宝塚の男役が男より男っぽい動きをするように、作り手側が求められている人物像を理解していて、その実現に向けて全力でパフォーマンスしてくれてる(なりきってくれる)のは、見る側としてもやりやすい。「完璧なぶりっ子にいいように翻弄されたい」というおれの中の欲望が、勢いよく満たされていく。

 

理由4 頑張っている

男がおじさんになるのって、白毛が増えた時でも体力の衰えを感じた時でもなくて、「頑張ってる若者にお金をあげたくなった時」なんだと思う。おじさんって本能レベルで頑張ってる若者が好きで、そんな子を見ると胸がキュンキュンしちゃって、ついお金をあげたくなる。

 

このグループ、9人中3人が日本人なんだって!まだ二十歳ソコソコなのに、夢を叶えるために海外で頑張っているなんて本当に素晴らしいと思う。色々苦労もあるやろうに…。もちろん他の子達も、ダンスのキレはすごいし歌も上手で、みんなでめちゃくちゃ練習したんだろうなって思うと、心からお金をあげたくなる。可能であれば彼女たち一人一人にツェーマン(一万円)を手渡ししたいけども、それは叶わないのでCDを買うのである。

 

 おわり。

電通がクソなだけで、一生懸命働くこと自体はステキだよねって話

タイトルで言いたいことはほぼ全部出し切ってんだけども、件の事件以後特に、「日本人は労働に支配されている!労働という名の宗教に!労働はクソ!」みたいな論調のブログを見ることが多くなった気がする。それを書いてんのが大学生だったりすると、オイオイオイオイってなる。まだ何者でもないおめでてぇ身分のくせに、随分なご挨拶だな。くだらねぇブログ書いてないで勉強しろバーカ!

(おれも大学生の時は労働=死と思ってたし、日々しこしことブログを書いてたから気持ちはわかるケド。)

 

どんな仕事であれ、自分の稼ぎで生活してくのって、自分の中に目標さえあれば、基本的には自由で楽しいものだと思う(目標ってのは、金とか物欲、家庭やスキルアップなんかも含めた広い意味で)。周囲からの異常な強制、拘束、プレッシャー、その他企業のクソ体質が悪なんであって、働くこと自体は悪じゃない。

 

さらに言えば、おれは働いてる女性が好きだ。女子高生は確かに好きだけど、実際にはいろいろ厳しいですやん。年の差、考え方の違い、法律のアレもあるし。OLがええわ。OLと付き合いたいわ。中条あやみちゃん似のOLと付き合いたいわ。お菓子会社に勤務してて、パッケージのデザインをする部署で働いている中条あやみちゃん似のOLがええわ。

 

金曜の夜のコンビニで、OLがスイーツを選んでる姿って最高に美しいと思う。この子、心の中で「う~ん、ダイエット中だけど、今日はいっか!自分へのご褒美!」とか考えてんだろうなぁって思うとコーフンしてくる。一週間お疲れさま!いいよいいよ、頑張ったもんな!今日はご褒美OKだよ!って思う。それどころか、おれも何か買ってあげたくなる。そんな姿を見せてくれたお礼としてだったら、数百円は安すぎる。今度「何がいいですか?」って聞いてみようかな?

 

おわり。大学生は勉強しろよ。クソバカ野郎が。100年はえーんだよボケ。

アカデミックサンデー(刀剣鑑賞記)

昨日、妙にムラムラしたので、秋葉原まで有害な物を仕入れに行ってきた。通販は確かに便利だけど、買い物をアトラクションと捉えるなら、現物を見て買うことに勝るものはない。

 

で、ひとしきり買い物を楽しんだ後、徒歩で秋葉原から上野まで移動し、国立博物館へ向かった。目的は刀剣鑑賞である(秋葉原から上野への散歩は、エロからアカデミックへと頭のスイッチを切り替えるのにちょうどイイ距離やね)。

 

刀に興味を持ち始めたのは新選組関連の歴史小説を読むようになってからで、2014年の秋から見たい刀のために博物館へ行くようになった。この興味は話題の『刀剣乱舞』とは無関係だし、時期的にも(数ヶ月とはいえ)おれの方が早くスタートしているので、当初は「日本刀をキャラクターとしか認識してない軟派な連中と一緒にして欲しくない」という気持ちがあったケド、最近は「まぁ司馬遼太郎も創作という部分では一緒だし、そうカリカリすることもないか…」という気持ちにもなってきた(一緒に刀剣鑑賞をしてくれるとうらぶ美少女と知り合いたいという下半身的事情もある)。

 

とまぁ、そんなおれの下半身的事情、もとい刀剣自分語りはいいとして、3ヶ月ぶりに行った国立博物館は、前回から展示が変わっていることもあって、非常に見応えがあった。

 

国立博物館について

常設展だけなら¥620で入ることができる。これは結構すごいことで、時代が時代なら、いくら金を積もうが拝むこと能わずだったオタカラ達を、この値段でじっくり眺められる。オマケに写真まで撮れる(一部撮影禁止の展示もあるが、基本はOK)。日本のデフレを心配するレベルの安さ。

 

f:id:largesan:20161114211806j:plain十二神将が展示されていた。鎌倉時代中期、今から830年ほど前に作られた像らしい。彼らは今まで、一体何人の人間を眺めてきたのだろうか?

 

f:id:largesan:20161114212729j:plain『こいつ役に上地雄輔をキャスティングしたヤツはマジでセンスの塊』の異名でお馴染み、小早川“wild child”秀秋が着用していた陣羽織も展示してあった。配色、大胆なデザインが目を引くが、柄の所にハートマークがあってCawaiiところが特に気に入った。おーい小早川ぁ、おれは絶対におまえのことを信じないけど、おまえの服選びのセンスだけは信じていいかもって思ったよー!

 

武士の装い

刀剣を見るにあたって、闇雲に物だけ見ても、正直言って違いなんかわからないし、目も肥えない。自分が見に行く刀にはどんな特徴があるのか?他に展示されている物とどこがどう違うのか?について事前にしっかり調べてから見に行く。戦(いくさ)は家にいる時から始まっている。それを続けていると、次第に一振り一振りの刀達が、それぞれ違った輝きを放つようになる(…はずだと信じている。おれはまだ全然その境地に達してないケド)。f:id:largesan:20161114212611j:plain来国行。『とうらぶ』の明石国行は、豪壮で迫力があり、来国行の中でも白眉と言われるが、個人的には細身・小峰の上品なこっちの作も好きだった(明石国行は初台の刀剣博物館で本年4月に鑑賞。部屋にポスター飾ってるよ)。明石国行を見に行った時はとうらぶ女子がめちゃくちゃやかましくてキレそうになってその時手に持っていたリンゴを握りつぶしてしまって…と、この手の話はやめておこう。

 

f:id:largesan:20161114220127j:plain

f:id:largesan:20161114221901j:plain

長船光忠。今日はコレが見たくて行ったと行ってもいい。有害な物を買った“ついで”で上野に来たみたいな書き方をしたのはオレ流のサプライズ、照れ隠しであって、実のところこの一振りありきの秋葉原でもあった。

 

国立博物館は写真OKだけど、刀剣に関しては特に撮影に厳しい環境で(薄暗い部屋、ガラス越し、モノ自体が光を強烈に反射する)、さらに波紋や地肌、映りっていうやつはかなり繊細なものみたいで、なかなか写真に残らない。プロカメラマンが最高級な機材を使って撮ったであろう写真ですら実物とはかけ離れていることを考えると、結局は肉眼で見るしかない。

 

この長船光忠も、実物はこんなもんじゃなくて、激しく乱れた刃紋が豪華絢爛って感じで、めちゃ素晴らしかった。刀剣の見方、どの要素に注目するかっていう部分に関して、おれみたいな素人はまず刃紋に注目するとわかりやすくてイイ。蛙子丁字、つまりオタマジャクシみたいにくびれた波紋は光忠ならではの特徴だと本で読んでいたので、この目で見たかった。今日、ひとつ目標が達成できた。

 

おれ自身は平べったくて地味な顔つきをしているくせに、刀剣に関しては派手で大きく堂々としている物が特に好みみたいで、この長船光忠や長谷部国重の皆焼(本年1月、福岡で『へし切長谷部』鑑賞)、二代兼元の三本杉、福岡一文字一派なんかがカッコいいと思う(刀剣プロからしたらニワカ丸出しチョイスなんやろうけど)。

 

織田信長は長船光忠を熱心に集めていた。冒頭に書いたように、生まれる時代が違っていたら、この目で見ることはできなかったわけで、現代3150(サイコー)と思いました。

 

他にも石田貞宗や福岡一文字等、色々良かったけど、ブログの長さ的にそろそろ限界やね。昨日は撮影した刀剣の写真を編集していたら眠くなってしまって、せっかく買った物を使うことができませんでした。なので、そろそろ稽古に行ってきます。

 

終わり。

若者の老けたアピール

20代後半〜30代前半くらいのヤツの、老けたアピールが嫌いだ。

 

栄養状態が悪かった江戸時代とかならともかく、この現代でこの年齢はまだまだ若いだろ。全然「若者」にカテゴライズされるだろ。寝てない自慢に通じるアレを感じるっつーか、言ってしまえばウザいしウソくさい。

 

仮に本当に肉体的な変化(体力の衰え、記憶力の低下等)を感じているのだとしたら、それは加齢に伴う変化などではなく、単純に「運動不足」「バランスの悪い食事」「過度な飲酒」「不規則な生活」等が原因だろう。結局のところ、日々の生活、すなわち自分の人生から目を背け逃げ続けている怠惰な連中が、年齢を言い訳にしているだけに過ぎない。そういう人間の無神経な言動は、吉田沙保里選手、キングカズ、ウメハラ等、努力によって肉体的変化を凌駕し常に一線に立ち続ける方々への冒涜ですらある。

 

おれは一週間前から風邪をひいていて、なかなか治らずにいる。一回治ったと思ったらぶり返して40度の熱にうなされた。ヤマは超えたっぽいけど、今も結構ヤバい。毎日マスクしてる(メガネが曇って困る)。肉体的コンディションで言えば日々の筋トレと栄養管理によって自分史上最強の状態なのに、である。中学生の頃なんて、風邪をひいても大抵1日で完治、3日続くことなんてまずなかったハズなのに…。

 

これは決して老化に伴う体力の低下のせいではないと思う。

 

今年の風邪が特別しつこいのだ。

 

きっとそうなんだ。

 

大丈夫なんだ。

 

おわり。