ラージ記

30代サラリーマン。クルマ、バイク、楽器、株式投資などを中心にやらせていただいております。

『映画 プリキュアドリームスターズ!』は予想通り最高の映画でした

『映画 プリキュアドリームスターズ!』を観てきた。めっかわ。やばたにえん。

f:id:largesan:20170403215547j:plain

 

トーリーのこと

サクラとシズクというゲストキャラ中心に話が進む点、3150(サイコー)。ちびっ子は「懐かしキャラの変身シーン中心の映画」が観たいわけじゃない。過去作の全キャラクターが登場する、全員に見せ場のある映画というのは、これまで積み上げてきた歴史がスゴすぎて実現不可能。その事実を受け入れた上で、新しいキャラクターに出会い共に冒険し、テレビで観ているレギュラーキャラの新しい一面に触れることができ、さらに放送が終わって遠くに行ってしまったような気がしていた面々とも再会できる映画。それを実現させた素晴らしいバランス感覚。50兆点をつけさせていただきました。

 

魔法使いプリキュア』見てませんでした

正直に言うと『魔法使いプリキュア』は全然観ていなかったんだけど、観るのをやめた過去の自分にトコトン嫌気がさした。「マジカルパワーじゃねーんだよプリキュアっつーのはさァ…」みたいなことを思っていたおれ、完全に間違っていました。プリキュアってなんなのって考えたとき、なまかを信じ、最後まで絶対に諦めない心を持っていればそれはプリキュアなわけで。それはどうしようもなくプリキュアなわけで。映画だけでも観てみようかしら。

 

あきらさん

おれは186センチ95キロで筋肉質な体をしているので、見た目が怖いって結構言われてしまう。そんなおれの中にも乙女の部分があって(乙女の部分がなければプリキュアなど観ていない)、あきらさんはおれの中の乙女の部分を効率よく刺激してくる。あきらさんを見つめている時のおれの目はトロンとしていて、完全にメスのそれになっている。映画でも大活躍で嬉しかったです。上の項と関連して、毎週日曜の朝8時半にプリキュアを観る習慣が復活して、日々の生活にメリハリが生まれたと思う。

 

プリンセスプリキュア

『Go! プリンセスプリキュア』は歴代の中でも結構好き。映画でまたその姿が見られるのが楽しみだった。改めて4人のバランスが良いなと思ったし、学園の雰囲気とか変身後のデザインとか、総合的にかなりのナイスプリキュアですわ。よくぞ出てくれた、出してくれたと思った。またどこかで御目にかかりましょう。

 

サクラたそ

泣くとき毎回盛大にハナミズを出すよサクラたそ。吸ってあげたい。

 

映像のこと

3DCGが進化しまくっていた。やばたにえん。色合いが華やかで質感が良く、キャラの動きとか表情とかについてもCG故のネガみたいな物がまるでない。完全に実写だコレ。ただ、これまでも『もうこれ以上良くなりようがないだろ』って思ったところから更に限界突破してくれたんで、今後の更なる技術進歩に期待します。

 

月並みな感想ではございますが楽しい映画でした。おわり。